【効果あり】犬の体重を毎日測るようになってわかったことと感想

車の助手席に乗る柴犬

こんにちは。あずはなの飼い主です。黒柴のあずきと胡麻柴の花という2頭のキュートな柴犬女子と暮らしています。

さて、我が家の胡麻柴の花、3歳で一緒に暮らすようになったのですが、メキメキと体重を増やしていきました。

我が家に来た当初は8.7キロ、わずか3年の間でマックス11.2キロを記録しました。

流石に増やしすぎだろということで、試行錯誤しながらダイエットをしています。

その一環として行っているのが、毎日の体重測定です。

そこでこの記事では、昨年の終わりころから、約半年間毎朝犬の体重測定をしてみた感想と効果について書いてみたいと思います。

犬の体重はなかなか減らない

わんこの癒しマッサージを使われている柴犬

毎日犬の体重をはかっていますが、一番感じるのが中々減っていかないということです。

体重測定を開始した頃が10.5キロで、半年たった今が10.4キロ。

それでも毎朝測り続ける執念笑

あずき

今は10.3キロと10.4キロを行ったり来たりしている感じで、当初よりは微減ですが、驚くほど犬の体重は減りません。

オヤツをあげるのを辞めても、長めの散歩をしても、なかなか体重は減ってくれないのです。

人間だったら、ちょっと食べる量を減らしたり、がっつり運動をしたら数キロくらいは変わるんですが、犬はどうも違うようです。

毎日体重測定をするようになって、わかった一番の気づきです。

大事なことなのでもう一度書きますが「犬の体重は中々減りません」。

ですから、一度太らせてしまうと元に戻すのは大変だということです・・。

おとーぽんもおかーぽんも、ずっと花ちゃんの体重を気にしてるもんね。

あずき

 

 

毎日犬の体重を測れば簡単には増えない

中々減らない花の体重ですが、言い換えてみると増えてもいないんですよね。

毎年1キロ近いペースで増えていた体重ですが、毎日体重を測り出してからは、増えていないのです。

レコーディングダイエットなんて本がプチヒットしたことがありますが、やっぱり記録し続けるってのは、ダイエット効果があるのかもしれません。

たしか「いつまでもデブと思うなよ」って本が最初だったような気がします。Amazonプライム会員なら無料でよめるようですね。ざっと目を通してみたら普通に面白そうです。

created by Rinker
¥836 (2020/07/07 01:20:59時点 Amazon調べ-詳細)

やっぱり毎日測っていて、体重が増えたりすると、オヤツを減らしたり、散歩を長くしようとしたり、気を使うんですよね。

これが効果あるのかなと。

それまでは、自由に食べてゴロゴロしてって感じだったもんね

あずき

とても優雅な日々でした

ちなみに自分も過去に半年で10キロくらい減量したことがあるんですが、きっかけは体重計を勝って、自分の体重に愕然としたことだったんですよね。

それから毎日体重計に乗って減量したんですよね

そんな原体験もあって、花の体重測定を日々行っているのかもしれません。

犬の体重の測り方

ちなみに我が家の体重の測り方は以下のような感じです。

手順1
花を抱っこする
まずは花を抱っこします
手順2
一緒に体重計に乗る
抱っこしたまま体重計に乗ります
手順3
花と体重計から降りる
花と一緒に体重計から降ります。
手順4
一人で体重計に乗る
花を降ろした後、飼い主単独で体重計に乗る
手順5
引き算をする
1回目の体重から、2回目の体重を引く

これで花の体重を導き出しています。

導き出すって・・。そんな大げさに書くような内容じゃないよね

あずき

一つ注意しなければならないことがあって、それは体重を置く場所です。

以前体重を測っていた頃、少しクッションのあるところで体重を測っていたのですが、増減が激しいんですよね。

減った減った!とぬか喜びして疲れましたね

そこで、今ではクッションがない同じ場所で毎日測定をしています。

さいごに

犬の体重って毎日測っても、中々減らないので、飽きてくるのが正直なところです。

でも、測定をやめてしまうと、気がつくとガシガシ増えてしまいそうで、やめられなくなりました。

結果、今は花の肥大化も止まっているので、よしとしたいと思います。

犬の肥満は将来的に結構大変みたいですからね・・。

しばらくは続けたいと思います。

それでは、あずはなの飼い主でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。