太った柴犬を痩せさせるための食事について

こんにちは、あずはなの飼い主@shibainu_hanazu です。

黒柴のあずき、胡麻柴で保護犬の花と暮らしています。このブログでは柴犬と暮らした体験談、使ってみたペット用品のレポ、愛犬たちの体験を基にした犬と健康などについて書いています。

この記事は柴犬のダイエットと食事について書いています。

我が家の胡麻柴の花、引き取ってから最大3キロほど太りました。病院に相談したところ、ドッグフード以外の食事を禁止され、無事に痩せることができたんですよね。

そんな顛末などを書いていますので、愛犬が太っていて心配だよーっていう方はぜひ参考にしてください。

まず、ことの発端は以下のような感じ。

2019年初夏、おかーぽん(妻)が膀胱炎になりがちな花のフードの相談で、近所の病院へ行ってきた時のこと。

膀胱炎のことはもちろんですが、フード以外の、体重全般についても色々教えてもらったようなので、忘れないように書いておきたいと思います。

目次

犬の体重管理のためにはとにかくカリカリ(ドッグフード)だけを食べさせる

重そうな身体で階段を登る柴犬

このとき言われたことは、とにかく食事はドックフードのみにしなければならないということです。

肉やウェットフードはだめ

以前他の病院で相談をした時には、とにかくカロリー計算をしっかりしていれば、ササミなどの肉や野菜は与えても良いという話でした。

それが、このときの病院ではダメですと。

カロリーが低めと言っても、やっぱり肉は肉と言うことです。

ウェットフードやら肉を食べてダイエットに成功した犬は見たことがないという話。

 

せっかく減量用のドックフードを食べていても、肉やウェットフードで相殺されてしまって意味がないようなんですよね。

おやつも我慢

当然おやつもNG。市販のものはいろいろ入っているから太りやすいと。

唯一食べても良いおやつをサンプルでもらってきました。

ダイエット用おやつのサンプル

ヒルズが出している減量用のおやつのようです。

36時間食べなかったらダイエット用ドッグフードがあっていないのかも

ちなみに、それまでトッピングで食べていた犬が、ドッグフードだけでは最初食べないのは当然のようです。まずは36時間我慢してくださいと。

もしも36時間経過しても、一口も食べないようであれば、フードの味や匂いが嫌いという可能性も。

その時には、また違ったカリカリを変えた方が良いとのこと。

 

ちなみに、その時に与えていたドックフード(ドクターズダイエット)は、味があんまりしないタイプなので、これだけを与えるのはちょっと酷みたいですねとアドバイス。

もう少し味のある減量用フードのサンプルを取り寄せてくれるようです。

減量用ドッグフードも種類によっては、味が違うようなので要注意ですね。

犬の減量で試されるのは飼い主の我慢

ふくよかな身体を丸める柴犬

結局、犬のダイエットに必要なのは飼い主の我慢であったり、忍耐であったりなのかなと。

多分、カリカリだけでは花は最初全然食べないと思います。

そこで「可哀そう」とか思って、肉を上げたりするのが良くないんでしょうね。

 

思えば、花も最初我が家に来た頃は、さほど好き嫌いはなかったような・・。

一度美味しいものを食べると、それに慣れてしまうんでしょう。当然ですね。

 

自分はドライなタイプなんで、大丈夫なんですが、問題はおかーぽん笑

頑張りましょう。

 

そういえば、どこに言ってもダイエットのための運動については何も言われないなと、1か月以上ガンガン散歩をしてきた自分にとっては、寂しい限りです笑

後日談〜無事ダイエット成功!

腎臓の数値が高いとか、紆余曲折があって、結局この記事に書いたとおりの食事がはじまったのが1年後の2020年5月の末。

そこから、順調に体重は減っていって、約1年後には9.10キロになりました。言われたとおりの方法で痩せたっていうことなんですよね。

ですから、とにかく痩せさせたい!っていうワンコがご家庭にいるのなら、食事はドッグフードのみっていうのは試してみる価値ありだと思います!

 

それでは、あずはなの飼い主@shibainu_hanazuでした。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑花の笑顔を一押ししてくださると嬉しいです。
いつもありがとうございます!

柴犬ランキング
↑お時間があればこちらも一押しお願いします。

イト運営者からのお願い
このサイトが気に入った、役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天でお買い物をする際はぜひ下記バナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

柴犬あずはなの飼い主です。
黒柴のあずき、胡麻柴の花と暮らしています。

犬と暮らしはじめてから経験したいろいろを、ブログだったりTwitterだったり、Instagramにアップしています。
運営者情報詳細はこちら

コメント

コメントする

目次