【柴犬2頭飼い】ペット保険に入るか悩み続け早4年。入った方が良い理由とためらう理由。


こんにちは、あずはなの飼い主です。

あずきを迎え入れてから節々で悩んでいることがあります。

ペット保険に入った方が良いのだろうかということです。

先日、あずきがヘルニアなりまして、軽度だから一安心なのですが、病院代が27,000円かかってんですよね・・。

こんな時に「ペット保険入っておけばよかったかなあ」と思ってしまいます。

 

あずきももう4歳。つまり4年間悩み続けているということです。

でも、そろそろ決断しなければならない時期が近づいてきています。

加入の年齢制限が早いところだと7歳くらいだからです。

あずきの後に保護犬として我が家の一員となった花は今5歳です。

 

そこで、今日はペット保険について、入るか入らないかを悩んでいる理由をまとめてみたいと思います。

ペット保険に入った方が良いと思う理由

まずはペット保険に入った方が良いんじゃないんだろうかと思ってしまう理由です。

人間と違って国による保険がないから

人間の場合は任意で保険に入っていなくても、国民健康保険に入っていることにより、高額医療費制度を利用できたりします。

一定の額以上の負担は国が支払ってくれます。

ですから、民間の医療保険には加入していないという人も最近は多くなっているようです。

ただ、犬には公的な保険ってないんですよね。

ですから、場合によっては医療費は無限大となるわけです。

 

何事もなければ問題ないのですが、まあまあ不安です。

高齢になってからの医療費の想像がつかないから

また、自分は犬と暮らすようになってまだ4年です。

高齢犬と生活をしたことがないため、歳をとった犬の医療費がどの程度のものなのか、皆目見当がつきません。

未知のものはやっぱり不安で、今後思いもしない高額な医療費が発生した場合、耐えきることができるのか心配です。

「やっぱり保険に入っておけばよかった」

そう思う日が来るのではないかと。



ペット保険に入るのをためらう理由

一方、ペット保険に入るのをためらう点もいくつかあります。

保証金額が思っていたよりも低いと想定されるから

ペット保険は人間の医療保険と違って、全額保障というケースがないようです。

調べて見ると50%保障や70%保障が大半ですね。

さらに気になるのが免責金額です。

保険の無駄遣いを防ぐといった名目で、1回あたりの診療で保険の適用がされない、最低金額のようなものが設定されています。

以下、PS保険と言うペット保険のWEBサイトからの引用です。

かかった診療費:20,000円
加入しているペット保険の補償割合:70%
免責金額:5,000円
この場合、実際に保険会社から支払われる保険金は、以下のような計算になります。
20,000円(診療費) - 5,000円(免責金額)  = 15,000円(自己負担金額)
この15,000円の70%にあたる 10,500円 が保険金として支払われるようになります。

https://pshoken.co.jp/comparison/responsibility.html

今回のあずきのヘルニア治療を上気に当てはめると、1回目の通院でかかった7,000円は、免責金額5,000円を引いた2,000円のうちの70%である1,400円が保険金として支払われます。

2回目の通院の2万円は、免責金額を引いた15,000円の70%である10,500円が保険金として支払われます。

つまり、2回の通院でかかった27,000円のうち、12,500しか保険金の支払いはないのです。

70%保障、50%保障と謳われていても、実際はもっと低い保障比率になるのでしょう。

1回あたりの治療費が免責金額を越えないと、1円も保険金は支払われないということになりますので、この免責金額は結構厄介だなあと感じます。

保険が適用される条件が厳しいという噂を聞くから

また、保険の適用条件が結構厳しいという話もたまに聞きます。

保険会社にもよるのでしょうが、あれやこれやと理由をつけて、時には理由もつけずに保険金の支払いを拒否されたという例をTwitterなどで目にすることがあります。

契約書の細かい文言は見逃すタイプですので、いざと言う時に痛い目をみてしまいそうです。



柴犬2頭15歳まで保険に入った場合の支払い総額は?

ちなみに、楽天ペット保険で見積もりをしてみたら、0歳から15歳まで保険料を支払い続けると、約40万円から60万円程度の支払総額となるようです。

我が家は2頭いますので、80万円から120万円というところで、月々にならすと6,500円強。

これで、医療費の心配をしなくて良いなら喜んで入るのですが、免責金額のことなどを考えると、中々踏み切れませんね。

 

たとえば、生涯2頭で医療費が300万円かかったとします。

保険に入っていたとしても、実質負担は7割程度と考えると、210万円は自己負担。

保険の払い込をあわせると結局270万円程度の支出にはなってしまうのではないでしょうか。

それなら保険代を積み立てておいても、良いような気がしてしまいます。

 

でも、生涯医療費が2頭で300万円で済まなかった場合は・・・。

耐えきれるのでしょうか・・。



ペット保険に入るべきか結論が出ないから今は貯金

ペット保険に入るべきか、長い間緩やかに悩んでいるのですが、やっぱりまだ保留です。

保険料を支払うと思って、しばらくは貯金を継続します。

そして、できる範囲で病院のお世話になることがないよう、快適な生活をあずはなにさせられるよう頑張りたいと思います。

方針転換はもちろんありですが、今のところは保険の世話にならずに頑張ろうかなと、そんな方針ですが、結局あと数年は悩み続けそうです。

 

保険料の話も含め、犬を飼うって結構お金が必要になります。

これから犬を飼おうか検討している人は、いかにまとめたお金の話もぜひ参考にしてください。

【まとめ】犬を飼うと、こんなところにお金が必要になる【体験談】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。