【ヘルニアや尿石症】あずはなの持病についてまとめてみました

おはようございます。

あずはなの飼い主@shibainu_hanazu です。

今日はあずはなの持病について書いてみます。

(ついつい忘れがちな自分への備忘録の意味合いが強いかも)

黒柴あずきの持病

主に二つ、気にしなければいけないことがあります。

黒柴あずきの突発的な下痢

まずは下痢です。

年に数回ひどい下痢になります。

下痢になると夜中でもトイレへ行きたがるので、割と由々しき問題。

原因は不明で、精神的なもなのか、季節の変わり目の寒暖差などが影響しているのか。

病院へ行っても、薬、注射をして終わり。

ただ、下痢に関しては、食事をドッグフードのみに変えてからは、落ち着いています。

このまま年末まで行けば、逃げ切った(完治した)感じはしています。

黒柴あずきのヘルニア

これは結構厄介です。

軽いヘルニアのようで、とりあえず手術などは必要ありません。

ただ、忘れた頃に再発するというか。

先日もブタさん(ぬいぐるみ)を振り回している時に「きゃぁん!!」とひと鳴き。

その後少し足をひきづっていました。

散歩はボチボチ歩けているし、食欲もあるようなので、少し様子見で復活していました。

(もちろん走らせたり、ダンスさせたりはしないように)

ただ飼い主が寝ているベッドへの昇り降りが腰に負担がかかってそうな気がします。階段的なものをつけておいた方が良いかなと思案中です。

胡麻柴花の持病

花も主に三つあります。

胡麻柴花の肥満

一つはご存知肥満。

病院から痩せるよう指示が出て1年半くらいになるでしょうか。

これに関しては、ダイエットを当ブログのメインコンテンツにすることにより、だいぶ改善されてきました。

え!メインなんですか!

今は標準よりちょい太っているってくらいでしょう。

でしょう!

胡麻柴花の尿石症

二つ目は尿石症です。

石ができやすい体質のようで、過去に2回病院へ行っています。

ドッグフードを尿ケアのものにしている限りは症状はでないのですが、一度油断して普通のドッグフードを与えていたら、速攻で再発。

膀胱炎になってしまいました。

ただ、ここ数年は症状も出ていないので、また普通のドッグフードに戻してみようかなと思ったりしています(尿ケア+ダイエットフードなのでお値段がちょい高めなんです)。が、また再発して病院へ行くとなると花にも負担がかかるし、お金もそこそこ取られそうですよね。

胡麻柴花の気管狭窄症

三つ目が気管狭窄症です。

気管狭窄症とは何らかの理由で気管が細くなっていること。

花は若干細いようです。

それが原因なのか、時折咳が止まらなくなります。

これも季節の変わり目になることが多くて、たまに散歩中に結構激しく咳き込みます。

ブログをさかのぼって読んだりしていると、ちょっと間隔が短くなってきたから、注意が必要かもしれません。

ハーネス、変えた方が良いかなあと思ったり。

さいごに

あずきの腰痛も、花の咳も忘れた頃にやってきます。

我が家はペット保険にも入っていないし、予防、予防、そして予防が大切なので、気を付けたいと思います。

それでは、あずはなの飼い主@shibainu_hanazu でした。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑花の笑顔を一押ししてくださると嬉しいです。
いつもありがとうございます!

柴犬ランキング
↑お時間があればこちらも一押しお願いします。

イト運営者からのお願い
このサイトが気に入った、役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天でお買い物をする際はぜひ下記バナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。


こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。
もちろんその分、高くなるようなことはありません。
いただいたポイントは今後のサイト運営のための運営費、モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。