【デメリット】犬を飼う時に後悔しないために確認しておいた方が良いこと

こんにちは、あずはなの飼い主です。

黒柴のあずき、保護犬で胡麻柴の花と暮らしています。

 

犬を飼うと生活も引き締まって、愛や喜びや笑いに溢れた生活をすることができますよね。

ただ、多くの人がワンコたちと幸せに過ごす一方で、まだまだ保健所に持ち込まれたり、虐待を受けているワンコがいるのも残念ながら事実でしょう。

理由は色々とあると思うのですが、「犬を飼う前のちょっとした確認」みたいなものが足りなかったのかなと個人的には思っていたりします。

全てが順調に行っている時は問題ないのですが、ワンコを迎え入れてから想定外のハプニングが起きて、犬を飼うことができなくなったり、ストレスが溜まって虐待をしてしまったり。

想定外のことが起きると人間なんてどんな行動をするかわかりません。

そこで今日は、自分が犬を飼うようになった実感した「犬を飼う前に確認しておいた方が良いこと」について書いてみたいと思います。

犬を飼って後悔しないために家族の健康状態を確認する

まずは自分自身を含めて家族の健康状態の確認は必須だと思います。

犬種にもよりますが、犬を飼うのはそこそこの重労働。毎日散歩に行く必要があったりしますからね。

少し自分の健康に不安を抱えていたり、家族の中で調子が悪かったりする人がいるのであれば、慎重になった方が良いのかなと思います。

たとえば高齢のご家族と同居していて、ワンコを迎え入れてから介護が必要になってしまった時、それでも毎日の散歩を続けることが可能かどうかなど、ちょっとシミュレーションしてみてはどうでしょうか。

もしも自分、もしくは家族の健康状態に不安を感じるのであれば、犬を飼うことをあきらめる、または少し毎日の散歩が必須ではない犬種を選択しても良いかもしれません。

犬を飼って後悔しないために経済状態を確認する

たくさん餌代がかかる犬

このブログでも何度か書きましたが、犬を飼うのってお金が思った以上にかかります。

黙っていても毎月のフード代、年に一度のワクチン接種などでそれなりのお金が財布から飛び立っていきます。

柴犬を飼うと一か月にお金はいくらかかるのかという記事でもこの辺は触れています。

【飼育費】柴犬を飼うと一か月にお金はいくらかかるのか

また、幸運にも我が家の犬たちは大病や大けがなどはしていませんが、思わぬ病気になってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、ちょっと想像することができないレベルでお金が必要になるでしょう。

先日、会社の同僚がワンコの手術で1年で60万円かかったと話していました。

ですから、ある程度の出費は覚悟する必要があります。

その出費を覚悟して、耐えることができるのかは、絶対に確認しておかなければならないでしょう。

 

犬を飼って後悔しないために今後の家族構成を考える

家族構成の変化についても確認が必要だと思います。

子どもが自立する予定はないか

散歩要員として子供をあてにしていたけれど、大学や就職などで自立してしまって、散歩をする人がいなくなった場合など、ちょっと生活がきつくなるかもしれません。

特に夜の散歩などは、自立していない子どもが散歩をしてくれるかどうかで生活の負担は大きく変わるような気がします。

子どもが生まれる予定はないか

また、子供が産まれたりすると犬との同居が中々過酷な状況になったりもします。

これは我が家がまさに絶賛体験中で、その辺は赤ちゃんがいても柴犬を飼うことはできるのかという話という記事にも書きましたが、日々なんとか凌いでいるといった状況です。

家族構成の変化の予定があるかというのも事前に想定しておいて、増えたり減ったりした状況下でもスムーズに飼うことができる犬種にするなどの配慮が必要でしょう。

赤ちゃんと犬の同居の様子

犬を飼って後悔しないために住宅環境を確認する

また住宅環境については必ずチェックしておいた方が良いでしょう。

たまに犬を飼ってはいけないアパートやマンションなどでこっそり犬を飼っている人がいますが、いつかばれてしまう可能性があります。

バレてしまった場合、犬はどうなるのでしょうか。

必ずペット可のマンションなのかどうかや、飼っても良い大きさなどは確認が必要でしょう。

また、マンションも含め、近所に住んでいる人に極端にクレーム体質の人がいないかなど、もわかる範囲で確認した方が良いのかなと思います。

犬種によってはかなり吠えるケースもあります。

そんな時、近所にうるさい人がいたとしたら、猛烈なクレームに晒されてしまう可能性があります。

 

犬を飼って後悔しないために転勤がないかなど仕事の状況を確認する

家族の一員となったばかりの柴犬

職場環境の変化など、仕事の状況も確認が必要だと思います。

一番気を付けなければならないのが転勤でしょう。

将来的に転勤がある仕事をしている場合は、十分に検討や将来を想定したうえで犬を飼った方が良いのではないでしょうか。

転勤先の社宅がペット不可のマンションだった場合は、犬を飼うことができなくなってしまいます。

また、単身赴任になった場合も、残された家族で犬を十分に世話することができるのかなどを考える必要があるでしょう。

自分もレアケースではありますが、転勤の可能性はあります。

今のところは断固お断りする方向ですが、職場や職種、また仕事に対するモチベーションによっては転勤を受け入れなければならないケースもあるでしょう。

自分の場合は地方でのんびり働いていますが、都会でハードワークばりばりの仕事についたりしていると、犬をケアできる時間もあまりとれないかもしれませんね。

犬と仕事のどっちが大事かなんていう、辛い選択はあまりしたくないものです。

 

さいごに

犬と一緒に生活するのはこの上なく幸せな体験だなっていうのが、4年前にはじめて犬を飼うようになってから日々実感していることです。

一方で、犬を飼う前には想像していなかったような大変なこともあるなあと日々感じていたりします。

犬を飼うのは是非お勧めしたいことですが、生活に無理がないように事前に立ち止まって考えることも必要なのかなって思っています。
犬を飼う前に読むカテゴリーに参考になりそうな記事を集めてみましたので、これから犬を飼おうと思っている方は是非参考にしてください。

それでは、あずはなの飼い主でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。