【ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付きの感想レビュー】花の散歩用リードはこれです。

我が家のあずきと花、散歩に使っているリードは違います。

あずきは、よく見かける伸びるタイプのリード(ビュンビュンリードとても言うのでしょうか)。

花も最初は同じリードで散歩をしていましたが、今は違うリードを使っています。

どうして花はあずきと同じリードを使わなくなったのでしょうか。

脱走が心配だったからです。

花は散歩中など、気分が乗ってくると楽しくて楽しくて我を忘れてしまう傾向があります。

走っている最中などに、万が一リードを落としてしまうと、そのまま楽し気にどこかへぶっ飛ぶように走り去ってしまう可能性があります。

ですから、花との今生の別れを防ぐために、肩や腰にかけることができるリードを使用することにしました。

それで今使っているのが【ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付き】という商品になります。

【ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付き】はどんな商品

ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付きは、その商品名のとおりに腰ベルトがついていて、ハンズフリーで犬の散歩ができるリードです。

自分は腰だとスルスルと抜けてしまうのが怖くて、肩に斜めがけをして利用しています。

 

50キロのワンコまで対応することができるようで、Amazonのレビューを見ると、大型犬の散歩などに利用している人が多いようです。中型犬の花の立場・・・。

 

素材はナイロンで伸縮性があります。

また、腰ベルトにはフックが二つありますので、2頭引きにも対応をしているようです(あずきが嫌がりそうで試したことはありません)。




【ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付きを使って良かったところ

ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付き』を利用するようになって1年半が経ちます。

今のところ概ね満足していますので、使ってみて良かった点をご紹介します。

手を放しても大丈夫という安心感がある

『ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付き』を利用するようになって、一番良かったのは安心感があるという点です。

自分が心配性ということもあり、それまでの散歩に使っていたリードでは「もしも手を放してしまったらどうなるんだろう」という不安が常につきまとっていました。

また、もともと手汗をかくタイプなのですが、その不安感が手汗に拍車をかけてしまい、ツルっとした持ち手のリードだと、いつか落としてしまいそうで、その不安がまた手汗を助長するという悪循環に陥っていました。

リードを肩にかけて散歩ができるようになり、不安はほとんどなくなりました。

肩にかけながらも、一応手でリード部分は持っていますが、安心感がまったく違います。

2頭で散歩をする時に楽

2頭で散歩をする際なども、一気に楽になりました。それまで使っていたリードの持ち手は少々ごついため、片手で両方を持つことはできませんでした。

両手でリードを持って散歩をしていると、ウンチを拾う時などにやや不便です。

実際、ウンチをあずきのウンチを拾う際に一度花のリードが手から落ちてしまったことがあり、大ピンチに陥ったことがあります。

珍しく「花!」と叫んだらニヤッと笑って立ち止まってくれて、九死に一生を得ました。

また、自由自在に動くあずきと花、リードが絡まってしまってパニックになることなどもありました。

このパニック時にもリードを話してしまいそうで、怖かったのです。


ポイント
万が一手を放しても良いという安心感があり、2頭引きの際も安心して散歩をすることができます。




【ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付きを使って不満な点

もちろん使っていて不満な点もあります。

少しリードが短いと感じる時がある

少しだけリードが短いなと感じることがあります。

少し自由にさせたかったり、写真を撮る時なんかに微妙なんですよね。

あずきはある程度リードに余裕があって、自由さを感じないとウンチをしないのですが、『Leeko 犬 伸縮リード ハンズフリー 腰ベルト付き』を使って散歩をする際は、中々ウンチをしないように感じます。

あずき

そばにピッタリいるようでしにくいよね

伸縮性がありすぎて、急いでリードをひくことができない

リードがアコーディオン状になっていて、とてもよく伸縮します。

犬の負担軽減にはなるのでしょうが、何か拾い食いをしそうな際など、急いでリードを引かなくてはならない時などは、ちょっと力が伝わりにくい感じがしています。

ポイント
リードが少し短くて、伸縮性がありすぎて急な対応がしにくいのが不満

伸縮性がありすぎる、短いといった点は、ユリウスのリードを使ってみると、その違いがよくわかりました。

やっぱりユリウスのリードを使うと、犬のリードに伸縮性はそこまで必要ではないのかなと感じてしまいます。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリード2.2mを使った感想。持ちやすい?丈夫?という記事に、ユリウスのリードを使った感想を書いていますので、比べてみてください。



【ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付き】のレビューまとめ

不満な点もありますが、1年半使ってみて概ね満足しています。

とにかく『ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付き』を利用するようになってから、安心感が違います。

リードが短いなどの不満点については、リードを付け替えるなどで対応しようと思えばできそうですしね。

 

また、最後になりますが、このリードは安いというのもポイントでしょう。

自分が購入した際も2,000円を切っていましたが、この記事を書いているタイミングでも1,580円です。

今お使いのリードに自分と同じような不安を感じているのであれば、一度試してみると良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。