【Rabbitgoo 犬 ハーネスレビュー】せき込み軽減・引っ張り防止を使った感想

こんにちは。あずはなの飼い主です。

黒柴のあずきと胡麻柴の花と一緒に暮らしています。

主に胡麻柴の花との散歩が日課で、1日2回出かけていますが、ちょっとした悩みがあります。

 

気管が少し弱い花を、少し強めにリードで引っ張ると咳き込んでしまうのです。

最近意思が強くなってきて、行きたい方向を主張するのですが、飼い主の出勤準備などもあって、全てを思う通りに行動させてあげることはできないんですよね。

 

そこで少し強めにリードを引っ張る、そして咳き込むということがしばしばあるのです。

 

ちなみ首輪ではなく、ハーネスで散歩をしています。

ハーネスは有名なユリウスk-9です。

今使っているハーネスは非常に使いやすいのですが、何か咳き込み対策になるものがないかと思って探していたところで、たまたま目に留まったのが「Rabbitgoo 犬 ハーネス」です。

紹介ページに思いっきり「咳き込み軽減」の文字が躍っていましたので、早速購入してみました。

 

そこでこの記事では、Rabbitgoo 犬 ハーネスを使ってみた感想について書いてみたいと思います。

Rabbitgoo 犬 ハーネスってどんなハーネス?

販売をしているRabbitgooという会社は、ペット用品を販売、製造している会社ではないようです。

Amazonの販売製品一覧をみると、フィルム関連の商品が大半でした。

輸入して販売しているのか、製造をしているのか、その辺が不透明なのは若干気になると言えば気になります。

 

ただ、使ってみて、商品が問題ないようでしたら問題はないと思っています。

Rabbitgoo 犬 ハーネスの大きさや重さ

花のために購入したのはSサイズ。

身体にあたる部分の面積は20㎝×10㎝程度です。

大きさ的には元から花が使用していたユリウスのminiサイズと同等です。

重さに関しては約140g。

ユリウスのminiサイズは110g程度ですから、ややユリウスより重いというところでしょうか。

ユリウスがごつく感じますが、結構軽くてびっくりです。

 

Rabbitgoo 犬 ハーネスの装着について

装着は比較的簡単です。

首を通して、左右のバックルを2か所止めるだけです。

足を持ち上げる必要はありませんので、付けるときにモタモタして犬が嫌気をさしてしまうということはないでしょう。

 

ただ、ユリウスはバックル一か所ということなどを考えると、比べると少しだけつけるのに手間がかかるかなと思います。

あくまで少しだけですが。




Rabbitgoo 犬 ハーネスで咳き込みが軽減された

Rabbitgoo 犬 ハーネスを使って感じたのが、「たしかに咳き込みがない」ということです。

ハーネスを変えても、やっぱり花は相変わらず主張が激しいため、何度かリードをひくことがあったのですが、今のところ一度も咳き込んでいません(約3日使用)。

Amazonの販売ページには「胸背部にスポンジパッドがあって衝撃をより優しくとめて」と書いてありますが、それが理由なのでしょうか。

また、今使っているユリウスK-9と比べると、前面の面積が広いため、引っ張った時の衝撃や圧が一か所に集中しないというのも理由のような気がします。

赤く囲った場所が胸にあたる部分。左がユリウス。

何はともあれ、リードを引くと咳き込むという問題が解決しそうなのは嬉しいかぎりです。




Rabbitgoo 犬 ハーネスは引っ張りを防止しやすい

また、これは多少の効果が出たというレベルなのですが、Rabbitgoo 犬 ハーネスをつけていると、引っ張り軽減されているような気がします。

進行方向への誘導が、普段よりもスムーズに行えている印象です。

「胸部Dカン:引っ張ると制御力を感じるので引っ張り感がかなり軽減!」とAmazonの紹介ページには記載がありますので、実際に引っ張りに効果があるハーネスなのかもしれません。

ただ、これはもう少し使って見ないとなんとも言えないなと思っています。

Rabbitgoo 犬 ハーネスは反射材がついている

Twitterのフォロワーさんに、「ハーネスが光って見えますね」と質問されたときは、反射材はついていない旨を回答したのですが、思いっきりついていました。

ごめんなさい。

我が家はライトなどをつけずに散歩しているので、反射材がついているハーネスというのは、予想外に嬉しい機能でした。

花は結構気にしいなので、ハーネスに小型の夜間用ライトなどをつけると、動きが鈍くなりそうなのです。

ですから、ハーネス自体に反射効果があるものというのは、かゆいところに手が届いた感があります。




Rabbitgoo 犬 ハーネスは使っていると緩くなる?

概ね使いやすいRabbitgoo 犬 ハーネスではありますが、一つだけ気になる点があります。

どうもつけて散歩をしているうちに、首元が緩くなっている感じがするのです。

 

少し緩みが気になって、調節して散歩へ出かけた後、何度かリードを引いているうちに首元がユルユルしてきているのを感じます。

自分が不器用で、しっかり調節ができていない可能性ももちろんあるのですが・・。

 

ハーネスの構造については、ユリウスと同様、そう簡単には抜けない形にはなっていると思いますが、注意して散歩をしないといけないなと感じています。



Rabbitgoo 犬 ハーネスを使った感想まとめ

この記事ではRabbitgoo 犬 ハーネスを使ってみた感想について書きました。

Rabbitgoo 犬 ハーネスは足を上げずに装着ができ、引っ張り防止に役立つハーネスです。

 

花に関してはリードを強くひいた時の咳き込みがなくなった点が、非常によかったと感じています。

 

首元が緩んでくる点は非常に気になりますが、他はいたって問題ない商品。

価格もユリウスなどの半分程度と考えると、買った甲斐があったと感じられる商品でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。