ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリード2.2mを使った感想。持ちやすい?丈夫?

こんにちは。あずはなの飼い主@あずはなです。

黒柴と胡麻柴の女の子たちと生活をしています。

今日は先日購入したユリウスケーナイン (Julius-K9)について書いてみたいと思います。

あずき

リードなんて何使っても一緒じゃないの?

同じっちゃ同じですけれど、いろんなリードを使うと、その違いみたいなのがわかるもんですよね。

 

ちなみに今まで使っていたのは、ビュンビュン伸びるタイプのリードと肩掛けができるリードの2種類です。

今回のユリウスケーナイン (Julius-K9)リードは、はじめて使うオーソドックスなタイプのリードかもしれません。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)リード、自分は長さ2.2mのものを購入しましたが、1.2mなどのものもあるので、肩掛けの必要がない場合などは、それで十分でしょう。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)リードを使ってみた感想

早速ですが使ってみた感想を書いてみたいと思います。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)リードは持ちやすい

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードを使ってみて最初に感じたのは、持ちやすいということです。

持ちやすいというか、手になじむ感じがあります。

リードを持っていて、気持ちが良いんですよね。

商品説明を読むと手になじむように作られていることが書いてありましたし、レビューでも持ちやすい、滑らないといった感想が幾つか掲載されています。

 

手に馴染むかどうかって、直接犬には関係ないことですが、飼い主が気持ちよく散歩ができれば、犬も楽しく散歩ができるのではないでしょうか。

毎日のことです。リードが手に馴染む、滑らないっていうのは、意外と大事なことかもしれません。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードを使って最初に実感しました。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)リードは程よく伸びるので犬を操作しやすい

今まで使っていたリードは、ボタン操作で伸びるタイプと、ナイロン素材の伸縮リードです。

今回は、はじめて使う伸縮しないリード。

伸縮性がないと、犬が窮屈かなと少し心配でした。

 

ちょっと使ってみて、杞憂だとわかりました。

全然問題ないですね。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)はゴム素材も使用していることもあり、多少の伸びがありますので、そこまでカチカチにはなりません。

だらんと伸びない分、飼い主は犬の動きにあわせる必要が少しありますが、犬にとっては特に問題なさそうです。

むしろ、今までのように伸びきってしまっていた状態から、不意に手元に引き寄せるといったことがなくなって、犬に圧力がかかることが減るような気がします。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)リードは肩掛けとしては使いにくかった

ただ一つ残念なのが、肩掛けとしては使いにくいということ。

2mのユリウスケーナイン (Julius-K9)リードは、フックのかけかたで長さを調節できます。

手にもって使う用途のほか、今までのリードのように肩掛けとしても使えると思って2mのユリウスケーナイン (Julius-K9)リードをチョイスしました。

 

ただ、実際に肩掛けとして使ってみると、犬との距離が近すぎて、非常に窮屈でした。

これじゃあ、長い散歩はできないなあと感じます。

特にあずきなんかは、この距離だと絶対嫌がって歩かないでしょう。

あずき

自由でいたいからね
肩掛けで使うには短いユリウスのリード

ユリウスのリードは肩掛けで使うには短い

無理して2.2mのリードではなく、1,000円ほど安価な1.2mリードでも良かったかなと思っています。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)リードで散歩してみた犬の反応

我が家の柴犬2頭は、ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードを使った散歩でどう反応したのか。とまどいはなかったのでしょうか。

 

結果は全く問題なしです。

花もあずきも気持ちよさそうに散歩できました。

今までのリードよりも、リードを引いた際の意思伝達がスムーズに行えるようになった気がします。

2頭ともしっかり反応してくれます。

今までのように伸縮性が強いリードは、犬が自由に歩ける裁量はありますが、その分飼い主の意思が伝わりにくかったような気はします。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードを使って、飼い主も犬にあわせて動くし、犬も飼い主にあわせて動くことの重要性があらためてわかりました。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)リードを使った感想まとめ

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードは手に馴染んで、とても使いやすいリードでした。

微妙に伸縮性もありますし、耐久性も問題はなさそうです。

ユリウスのハーネスにユリウスのリードはぴったり

ハーネスもリードもユリウスでオシャレ

伸縮性のリードも飼い主的には楽なのですが、いざという時にすぐにリードをひけることや、リードを通じた犬と飼い主の意思疎通のことを考えると、ユリウスケーナイン (Julius-K9)のような、オーソドックスなリードの方が良いのかなとお思いました。

ポイント
ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードは長いのを買っても肩掛けで使うのは微妙。長さ選びは慎重に行いましょう

 

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードを使うと、ハーネスもユリウスケーナイン (Julius-K9)を使いたくなってしまいます。

やっぱり、トータルで見ると格好いいですね。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のハーネスについては、【Julius-K9ユリウスレビュー】おすすめのハーネス!柴犬あずはなが装着しているサイズは?という記事で感想を書いていますので、是非一緒にご覧ください。

 

それでは、あずはなの飼い主@あずはなでした。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。