VIKIうんちが臭わない袋を使った感想

VIKIうんちが臭わない袋の取り出し口

こんにちは。

あずはなの飼い主@shibainu_hanazu です。

久々に新しいうんち袋を購入したので、使った感想を書いてみます。

「VIKIうんちが臭わない袋」という商品です。

この記事の内容を簡単にまとめると
  • 防臭効果はばっちり
  • 開けやすさも合格
  • 色が少し気になるかも

 

それでは詳しく書いていきたいと思います。

VIKIうんちが臭わない袋の外観や数量

箱型で派手なパッケージ

VIKIうんちが臭わない袋の外観

VIKIうんちが臭わない袋は派手なデザインのパッケージです。

箱型になっていて、ボックスティッシュのように1枚づつ取り出しやすいようなっています。

VIKIうんちが臭わない袋の取り出し口

みんな大好きな高級うんち袋のBOSにもこのタイプはありましたが、自分ははじめて。

うんち袋って、時に散乱してしまうので、意外と便利かなと思いました。

普通散乱しないよね・・。

あずき

サイズは3種類

サイズ展開は3種類です。

SS、S、Mで、AmazonではSとMが購入可能でした。

我が家はSサイズを購入。

VIKIうんちが臭わない袋のサイズバリエーション

あずきのウンチだけを考えるとSSでも大丈夫そうでしたが、花を考慮するとSサイズで丁度良い感じでした。

10キロ柴犬のうんちは、Sサイズで余裕を持って処理することができました。

VIKIうんちが臭わない袋の色は?

VIKIうんちが臭わない袋の色

「VIKIうんちが臭わない袋」の色は白。

普通のポリ袋といった感じの色合いです。

VIKIうんちが臭わない袋を使った感想

それでは「VIKIうんちが臭わない袋」を購入した感想を書いてみます。

抜群の防臭効果

まずは肝心の防臭について。

ほとんど臭いません。

Amazonのレビューの中には、「BOSより少し防臭効果が落ちる」というものがありましたが、自分の感覚では「ほぼ同じかなあ」、「言われてみればBOSより若干臭うような気も・・」くらい。

普通に使う分には全く問題ない防臭効果かなと思います。

開けやすさも問題なし

自分、うんち袋には開けやすさを結構求めています。

うんち袋の中には開けにくいものがあって、割とイライラするんですよね。

歳のせいか最近短気だよ

あずき

その点、「VIKIうんちが臭わない袋」はまったく問題なくスムーズに開けることができて、ストレスを感じませんでした。

ちょっと透けやすいかも

使ってみて少し気になったのは色です。

白なんで、中に入っているウンチの色がちょっとわかりやすいんですよね。

匂いがしないとはいえ、ウンチを入れてるっていうのが露骨なのはちょっと・・。

お散歩バックに早くしまいましょう

VIKIうんちが臭わない袋の価格は?

 

自分がAmazonで買ったタイミングではSサイズで1,799円。

220枚入りなので約8.2円です。

うんち袋の金字塔である「bosうんちが臭わない袋」は同じSサイズで9.45円。

「VIKIうんちが臭わない袋」の方が少し安いようです。

とはいえ、ウンチ袋は5円くらいのものも結構ありますから、少し高級品といったところでしょうか。

「VIKIうんちが臭わない袋」を使った感想まとめ

「VIKIうんちが臭わない袋」は防臭効果ばっちりで開けやすい、よくできたウンチ袋でした。

色が白なので、中が見えやすいのが少し難点ですが、他はパッケージが派手なこと以外は気になる点はありません。

価格も「bosうんちが臭わない袋」よりも気持ち安いので、箱のデザインや透けやすさが気にならなければ、「VIKIうんちが臭わない袋」を買うという選択肢もありかなという感じもします。

もう少し安ければばっちりなんですけどね

それではあずはなの飼い主@shibainu_hanazuでした。

↓クリックしてもらえると嬉しいです。
下の画像をクリックしてもらえると嬉しいです↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
お時間許せば下のバナーもクリックお願いします!

柴犬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。