【やってはいけないこと】犬が迷子になる原因について【注意が必要】

車の助手席に乗る柴犬

こんにちは。あずはなの飼い主です。
黒柴のあずき、保護犬で胡麻柴の花と暮らしています。

今日は犬が迷子になる理由について、書いてみたいと思いました。

というのも、最近Twitterで迷子犬の情報をよく見かけるんですよね。

幸運にも飼い主さんの下に変えることができた子もいれば、未だ見つからない子もいます。
今年が雪が少ないとは言え、北海道の冬は寒いので非常に心配です。

迷子犬の情報をリツイートしながら、いなくなった理由を見るようにしているのですが、以下の三つの理由が多いような気がします。

  • 車の乗り降りの際の脱走
  • お店の前に繋いでいたらいなくなった
  • 散歩中大きな音にびっくりしていなくなった

 

犬を飼うようになって、自分が恐れているのは犬たちとの今生の別れです。

ですから、他のワンコの迷子の話を聞いても胸が張り裂けそうな気持になってしまいます。

自分への注意の意味も含めて、犬が迷子になる原因について書いてみたいと思いました。

【犬の迷子の原因①】車の乗り降りの際に脱走

ドライブボックスで大人しくする柴犬

よく見かけるのが車の乗り降りのタイミングでの脱走です。

車の乗り降りに注意!犬は突然脱走する。柴犬花の脱走体験談。という記事にも書きましたが、これは我が家の花も未遂含め何度か経験していて、本当に危ないと思います。

犬は車で目的地につくと、特にそこが楽しそうな場所だったり、他のワンコがいたりすると猛烈にはしゃいてしまいます。

結果、車のドアを開けた瞬間に飛び出すと。

楽しそうで楽しそうでつい・・・。

あずきの場合はまだ気持ちを抑えれている感じですが、花はダメですね。

ですから、犬を連れている場合の車の乗り降りは、本当に注意した方が良いでしょう。

ドライブボックスや、係留用フックなどは必須ですね。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥6,338 (2020/07/07 02:10:50時点 Amazon調べ-詳細)

また、シャンプーやペットホテルなどで、送迎をお願いする際は結構盲点なので気をつけましょう。
相手がプロだから安心なんてことはないと思います。

少しでも心配があるのなら、自分で送り迎えするのが良いと思います。

送迎を頼まざるを得ない場合は、ドライブボックスやフック、クレートなどがしっかり準備されているかを確認する必要があるでしょう。

【犬の迷子の原因②】お店の前に繋いでいたらいなくなった

コンビニと柴犬

お店の前に繋いでいたらいなくなってしまったというのも良く見ます。

お店の前に繋がれているワンコっていまだによく見かけますし、やりたくなる気持ちもわかります。

散歩のついでに用事を済ませられるとムチャ楽だっていうシチュエーションってありますからね。
散歩が終わってから、また外出するのは面倒です。

でも、お店の前に繋ぐのはやめましょう。
100歩譲って、店内から常に犬の状態をチェックできる状態なら良いかもしれません(それでも危険だと思いますが)。

世の中には少しこじらせた人がいて、嫌がらせのためにリードを外してしまうなんてことは十分にあると思います。

結んであるリードをほどくなんて、ほんの一瞬でできるからね

あずき

また、単純に可愛くて一時の感情で連れ去ってしまうのなど。

自分の常識を超えた行動をとる人って、たくさんいます。

【犬の迷子の原因③】散歩中の大きな音にびっくりしていなくなった

散歩中に駆け出す柴犬

雷や花火などの、大きな音にびっくりしていなくなったというケースもたまに聞きます。

これは花は危なくて、子供の大きな声などに過剰な反応をする時があります。

危ないのは花ちゃんばかりだね

あずき

急な物音って、突然のことで防ぎようがないんですよね。

だから、これはもう「急に大きな音は発生するんだ」と思っておくしかないでしょう。

そう思って飼い主は行動をすると。

自分の場合は音にびっくりして駆けだした時にリードを離してしまわないように、花の散歩時は基本的に肩にかけるリードを使うようにしています。

大きな音が鳴って犬が驚いても、いなくなってしまわないよう対策を建てるしかないと思います。

犬を迷子にさせないためのまとめ

もちろん他にもいろんな理由で犬が迷子になってしまうことはあるでしょう。

でも最低限、この三つに対しては注意をしたいですね。

  • 車の乗り降りはドライブボックスなどを用意して注意する
  • お店の前に繋がない
  • 大きな音に犬が驚いても大丈夫なようにする

ほんと、犬の迷子は犬自身はもちろん、飼い主も、関わっていた人も、みんな不幸にしてしまいます。
なんとしてでも防ぎたいという思いで、今日の記事を書きました。

皆さんも気をつけましょう。

それでは、あずはなの飼い主でした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。