柴犬と老化の話

こんにちは。あずはなの飼い主です。Twitterやったり、インスタやったりTikTokやったりしています。

さて、今日は柴犬の老化について書いてみたいと思います。とはいえ、何か調べて書くとかいうわけではなく、簡単に言うと「我が家の花の老化がはじまったかもー」という話です。

4月末にちょっとしたことがあって、それがもしかしたら何か節目のような感じがしますので、記録として残しておきたいなあという感じです。

病院にて助けを求める花の様子
目次

花8歳の4月、老化のはじまり?

4月末の朝、何年かぶりに花が家の中でオシッコをしていました。はじめに疑ったのは膀胱炎の再発?ってことです。

同じ日にちょっと吐いちゃったっていうのもあって、一応病院へ行ってみました。

そこで先生に言われたのが、

「もう8歳ですからね、老化かもしれません」

予想外のところから話が飛んできたので、ちょっとたじろいでしまいました。

後日念のため尿検査をして問題なし。

「やっぱり老化ですかね」という感じになりました。

「暖かく見守ってください」とのこと。

待合室の椅子の下に隠れようとする花

思い返すと老化の兆しだったこと

でも、今回の出来事の前から、ちょっとした変化?のようなものは感じていて、もしかするとその変化は老化のはじまりだったのかもしれません。

朝早起きになった

平日は朝5時45分頃に花を起こして迎えに行くのが日課。グデッと寝ている花を少し揺すって、無理やり起き上がらせて、抱っこでカートへ移動。こんか感じを何年も続けていました。

「まだ寝ているのに、申し訳ないなあ」という気持ちと共に。

それが、この春くらいからは様子が変わります。

3日に2日くらいは、花が起きているんです。リビングのベッドも何もないところで、佇んでいることが多くなりました。

カートの中でもシャキッとしている

Twitterを見ていただいている方はご存じだと思いますが、自分、毎日散歩へ行く時にエレベーターの中の様子をツイートしてるんです。

平日は95%の確率で、カートに身を沈めていることが多かった花。

それもこの4月くらいから、様子が変わります。

起きてシャキッとしていることがほとんど。

フォロワーさんから「最近花ちゃんしゃきっとしてるねー」なんて言われたり。

以前は毎日こんな感じでした。

雪の中へ突進しなくなった

花と言えば雪中行軍。2年前くらいのラッセルの動画で、花のことを知っていただいた方も多いと思います。

雪深い中でも容赦なく突進しているストロングスタイル。これが花だったんです。

でも、今年の冬、実はちょっと様子が違ったんです。

雪が積もった場所は、避けて歩くようになっていました。

家の中でオシッコ

そして、今回の家の中でのオシッコです。

家に来た頃は、家の中でトイレをしていたんですが、あずきを見習ってなのか、いつしか完全外派に。最後に家の中でオシッコをしたのは、膀胱炎の時でした。

これからどうなるんでしょう

という感じで、気になることがいくつかあって、老化がはじまったのかなあと。

とはいえ、まだまだ「兆し」くらいだとは思います。そもそも今回のオシッコなんかも老化関係ないかもしれません。

でも、そういう歳になってきたというのは事実。

ちょっとした変化なんかをなるべく見逃さないようにしていきたいなと思います。

自分、犬を飼うのはあずきと花が初めてです。つまり、犬の老化っていうのは未経験。色々勉強しながら、へーって思ったことなんかを共有していきたいなと思います。

元気玉のような花が、今後どう変わっていくのかわかりませんが、暖かく見守っていただけると嬉しいです。

とりとめのない話ですが、今日のところはこの辺で。

あずはなの飼い主でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

柴犬あずはなの飼い主です。
黒柴のあずき、胡麻柴の花と暮らしています。

犬と暮らしはじめてから経験したいろいろを、ブログだったりTwitterだったり、Instagramにアップしています。
運営者情報詳細はこちら

コメント

コメントする

目次