柴犬のしつけのこと。失敗したけれど楽しく暮らしています。

自由で輝く柴犬 柴犬の躾に失敗したらどうなるのか?

こんにちは。あずはなの飼い主です。

黒柴のあずきと、胡麻柴の花と暮らしています。

花は元繁殖犬、保護施設に引き取られていたところ、縁があって我が家の一員となりました。

 

さて、今日は悩んでいる方も多いと思いますが、柴犬のしつけについて書いてみたいと思います。

「こうすれば完璧!柴犬のしつけに効果的に3つの方法!」とか書ければ良いんですけど、残念ながら違います。

 

この記事の内容は、柴犬のしつけが完全に失敗したけれど、それでも楽しく暮らしている体験談です。

柴犬を迎え入れたは良いけれど、しつけが上手くいかなくて悩んでいる人、そんな人が偶然この記事にたどり着いたら、参考になるような話を書いてみたいと思います。

【柴犬のしつけ】努力はしたけれど失敗

我が家の躾の歴史は、黒柴のあずきと共にあります。

マテも伏せもできずに終わった我が家のしつけ

躾に失敗した柴犬黒柴あずき

ペットショップで迎え入れた黒柴のあずき、ペットショップの購入特典として、パピー教室なるものがあったので参加したのが躾のはじまりです。

 

そこで、いろんな子犬たちに交じって、抱っこの仕方からはじまり、躾の練習をしたりしたんですよね。

アイコンタクトとか、股をくぐらせるとか。

すでにできていた子犬もいましたが、当然我が家はできません。

「家で練習しなきゃねえ」なんて話していました。

 

で、帰宅してからちょいちょいチャレンジしてみたんですが、できない。

オヤツを使ったアイコンタクトは多少できたくらいで、あとのマテとか伏せとか、全然できない。

諦めやすい夫婦は、半ば躾を断念することになりました。

上下関係気にせずソファーに乗せるし一緒に寝る

当時は柴犬の躾に関してネットで色々と調べたんですけど、大体は上下関係をしっかりさせるといった話が中心でした。

そのためにも、一緒に寝てはいけないし、ソファーにも上らせてはいけないなんて事が書いていて、最初は真面目に取り組んでいました。

 

子犬を迎えて数日は、ケージから出しちゃいけないとか。そんな話もありましたね。

だから、くんくん泣いている黒柴のあずきを、一人リビングに残して寝室で寝ていた記憶があります。

 

この、上下関係の話、自分はドライに守っていたのですが、ぶち壊す(笑)のは、根っからの犬好きおかーぽん(妻)です。

いつの間にか、ベットに連れ込むようになって、帰宅したら一緒にソファーでテレビを見ていたり。

ただ、今思うとそれで良かったんですよね。

どちらかと言うと本能タイプのおかーぽん(妻)はわかっていたんでしょう。謎の躾情報のうさん臭さが。

 

当時は、「おいおい何やってんだよー」とか思っていました。「はじめが肝心なのに」って。

 

そんなわけで我が家、世間一般でいうところの躾に失敗しました。

マテも伏せもできないし、ソファーにガンガン上ってくるし、夜は一緒に寝る。

犬のしつけの常識から言えば大失敗です。

躾を諦めたら、柴犬との生活が楽しくなってきた

自由にのんびり暮らす黒柴あずき

さて、躾に失敗した我が家はどうなったのでしょうか。

上下関係は崩れ、柴犬にバカにされる悲惨な生活が待っていたのでしょうか。

外出もままならないような、狂暴な犬が育ってしまってしまったのでしょうか。

 

全然そんなことないんですよね。むしろ幸せに暮らせるようになりました。

躾がうまくできなくて、悩んでいたころよりも楽しいんですよね。自由にしていた方が。

 

ふとした時、あずきがベットに潜り込んできて、そのぬくもりを感じた時に、「ああ、これで良いのかな」って思いました。

 

もちろん、躾ができていなくて、困っていることはあります。

壁やソファーがボロボロになったり、あずきは今でも嫌いな散歩に行く際は、唸ります。

 

ただ、幸いにも外では静かで(外面が良い?)、無駄吠えもせず、他の犬に対しても攻撃的になることがありません。

完全に躾をしなかった花に関しては、元からの穏やかな性格もあって、まったく手がかかりません。

 

上下関係はどうでしょうか。

特に自分やおかーぽん(妻)を下に見ているといったようなことはありません。

人間も犬もお互いがストレスなく過ごすことを目標にしています

躾はしていませんが、心がけていることはあります。

それは、「人間も犬もストレスなく過ごせるようにする」ということです。

 

犬は家の中で自由にくつろげるようにする、1日2回しっかり散歩をして、ご飯を食べさせる。

でも、太ってしまうと逆に病気になってストレスを感じるはずだから、体重はしっかり管理する。

体調が悪そうな時には、速やかに病院へ連れ行くといった感じです。

 

もちろん、人間がストレスを感じないよう、お願いしなければならないこともあるでしょう。

ただ、家の壁がボロボロになった以外、あまりストレスを感じることがないのが現状です。

後悔していること。無理なしつけは柴犬との関係を悪化させる?

黒柴あずきのパピー時代 黒柴あずきがパピーの頃

躾に関しては、一つだけ後悔していることがあります。

躾に失敗したことじゃなく、できもしない躾を、信ぴょう性もない情報を基に頑張ったことです。

 

甘噛みをする黒柴あずきに、上下関係を教えるためにきつく叱ったりしたこと。

これは本当に後悔しかありません。

黒柴のあずきからすると、ただ遊ぶつもりだけだったのかもしれないのに、「将来人を噛むことになったら困る!」なんて思って、しかったり、時には押さえつけたりしてしまいました。

 

あずきが今でも散歩の時に嫌がって唸るのは、この無理で無駄な躾の影響もあるのかなと今は思っています。

せっかくだから柴犬飼いを楽しみましょう

もちろん、人間と暮らすのですから、犬にも社会性のようなものを持ってもらう必要はあるでしょう。

でも、犬は犬です。

犬らしく過ごしてもらう事が一番ではないでしょうか。

 

「犬とのよりそイズム」という本にこんなことが書いてありました。

これが犬だったら、どんなに気持ちよさそうに寝ていても、どかされてしまいます。しかも、こういう場面で犬をどかさないと、「犬は飼い主より自分が上だと思うようになる」なんてバカげたことをいわれるようになるんだと伝えると、友人に「だって猫だもん、猫ってこんなもんよ~!」と大笑いされました。犬たちは「だって犬だもん、犬ってこんなもんよ~!」とはなかなかいってもらえません。

犬のトレーナーをやっている著者が猫飼いの人と会話した時に言われた言葉です

たしかに、猫のしつけってあんまり聞かない気はします。

もちろん、散歩を中心に外出する機会が多い犬と猫では違いがあるのでしょうけど、できれば猫と同様に犬も犬らしくしていてもらいたいですね。

 

子犬を迎えたら、躾をがんばるのは良いと思います。うまくいくと、お互いがより暮らしやすい生活が待っているでしょう。

でも、失敗しても、結構楽しくやっていけます。

あんまり悩まない方が良いのかなって、しつけ失敗者ながら思う次第です。

 

それでは、柴犬2匹と楽しく生活をする、あずはなの飼い主でした。

以下は引用した本です。ちょっと長いけれど、参考になったし、自分が考えていることがプロの知識を基に書かれていました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。