【飼育費】柴犬を飼うと一か月にお金はいくらかかるのか

無邪気に笑う胡麻柴

こんにちは。あずはなの飼い主です。
黒柴のあずき、保護犬で胡麻柴の花と暮らしています。

今日は犬を飼うと、一か月あたりどのくらいお金が必要なのかについて書いてみたいと思います。

たまに気になるのですが、見て見ぬふりをしていますので、自分のためにも振り返っておかないとなと。

これから柴犬を含め、犬を飼おうか検討している人は参考にしてみてください。

簡単にまとめると

  • 犬を飼うとご飯代やオヤツ代がかかる
  • うんち袋もたくさん使う
  • 医療費も必要
  • 犬1頭につき1万円くらいは必要

それでは詳しく書いていきたいと思います。

一か月に必要な犬の生活費

それでは、あずはなの一か月の生活費を紹介したいと思います。

ご飯代

まずは必須なのがご飯です。

あずはなはメインをドックフード、トッピングで肉や、ウェットフードを食べています。

ドックフードはあずきがロイヤルカナンを中心として多品種、花はpHコントロール療養食。

金額的には2匹合計で1か月で8,000円程度。

1匹あたり約4,000円です。

肉、ウェットフードなどのトッピングは物によって金額は変わりますが、1缶150円くらいのものが1日でなくなるイメージでしょうか。

1匹あたり1日で75円、一か月で2,250円です。

柴犬1頭の一か月の食費
ドックフード代4,000円、トッピング代2,000円の合計6,000円がかかっています

※健康面の指摘を受けて、今はトッピングは与えていません。

うんち袋代

続いて散歩に必要なうんち袋の話。

スーパーのビニール袋をゲットしたり、安く済ませる工夫もいろいろあると思います。

ただ、我が家では結局うんち袋を使用することで落ち着いています。

使っているうんち袋によって価格は多少変わりると思いますが、大体同じような価格帯ですね。

【ウンチ処理袋ポイ太くんレビュー】コスパが良くてあずはなの散歩の必需品という記事にも書きましたが、あずはなそれぞれ1日2回の散歩で合計4枚を使う計算で30円かかっています。

一か月で約900円をうんちを拾う袋に使っている計算となります。

柴犬1頭の一か月のうんち袋費用
15円×30日=450円がかかっています

おやつ代

次はおやつ代です。

ダイエット注意報が花に発令されてからは大分減りましたが、飼い主(おかーぽん(妻)が大のおやつ好きということもあり、おやつも不定期に購入していました。

おやつは大体週末に1袋程度を買っているのでしょうか。正直あんまり覚えていません!

でも週に1回は購入するでしょう。

ドギーマンのダイヤカットチーズなど1袋150円から250円くらいのものを買っていたと思います。

平均すると200円を月に4回程度購入しているイメージ。

これは、現状花はほとんど食べていませんので、あずきだけにかかっているお金といって良いでしょう。

柴犬1頭の一か月のおやつ代
200円×4日(週1)=800円がかかっています

※おやつも現在は病院推奨のものだけを食べています。ひと月500円位でしょうか。

 

医療費の積み立て

穏やかな顔を浮かべる黒柴のあずき

我が家はペット保険に入っていません。

入っていない理由や入った方が良いかについては、【柴犬2頭飼い】ペット保険に入るか悩み続け早4年。入った方が良い理由とためらう理由。という記事書いています。

その代わり、医療費の積み立ては行うようにしています。

これが1か月で5,000円です。

2頭で5,000円は少し安いかもしれませんね。

気になってアニコムの簡単見積もりをしてみたら、あずきの場合50%保証で1か月の保険費用が3,310円でした。

そう考えると積み立ての金額としては妥当なような気もします。

医療費の積み立て
1か月約2,500円


柴犬一か月生活費まとめ

柴犬を一か月飼うために、我が家でかかっているお金。

合計9,750円でした。

2頭飼っている我が家は×2となりますので、約2万円!

これは・・・。

結構お金がかかっていることにあらためて気がつきました。

この他に、予防注射やらトリミングやらの出費もあります。

犬を飼うのってやっぱりお金がかかりますね。

ちなみに、この他に年に一度の狂犬病、フィラリア、マダニの薬が1頭あたり3万円かかります。

12か月で割り返すと1か月あたり1頭2,500円、2頭で5,000円かかるっていう感じですね。

これも加算すると1か月あたり25,000円!

中々ですねえ。

参考データ

ちなみに、愛犬家のための情報誌「いぬのきもち」、2020年6月号のアンケートによると、1頭あたりの1か月あたりの費用は以下のとおりでした。

5,000円以下→16%

5,000円~1万円以下→48%

1万円~3万円→30%

3万円以上→6%

結構ばらつきがありますね。

1万円~3万円のところ、もう少し分解してほしかったのですが、3万円以上が極端に少ないことを考えると、1万円代が多いのかなあという感じがします。

上記アンケートや我が家の事情を考慮すると、犬の生活費は1か月で5,000円~15,000円くらいが平均値なのかもしれませんね。

それでも犬を飼っていて良かった

1頭で1か月1万円~12,500円、我が家はあずはなと暮らすことで2.5万円のお金がかかっています。

2万5千円は我が家にとっては、かなり大きなお金です。

でも、2万5千円どころではない幸福をあずはなから与えられているので、飼わなければよかったと思いません。

 

夫婦そろって飲みに行くのが好きで、結構二人飲みのお金が以前はかかっていましたが、あずはなを迎えてからは全然行かなくなりましたしね。

 

そこそこネガティブなことを書きましたが、犬と一緒に暮らすのってかなり幸せだと思います。

飼って後悔している人って、幸いにも自分の周りにはいません。

ただ、やっぱりお金はかかります。

それは知っておいた方が人間と犬、それぞれの幸せのためにも良いのかなと思います。

他にも柴犬を飼う前に知っておいた方がよいことっていくつかあります。

まとめてみましたので、柴犬を飼おうかどうか悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

それではあずはなの飼い主でした。

↓クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。