助手席に犬を乗せるのは違法?最悪逮捕されるのはどんな時?

こんにちは。

あずはなの飼い主@shibainu_hanazuです。

黒柴のあずき、胡麻柴の花と暮らしています。

このブログでは、柴犬と暮らした体験談や、使ってみたペット用品の話、日々の散歩日記を書いています。

我が家では公園へ行くときに助手席に犬を乗せて移動していて、そんな様子をSNSにアップしてたまに話題になったりします。

 

で、話題になるたびにちょいちょい指摘されるのが「犬を車の助手席に乗せるのって違反じゃない?」っていうこと。

そこでこの記事では「犬を車の助手席に乗せるのって道路交通法違反なの?」っていう話について書いてみたいと思います。

認識間違えると最悪逮捕されちゃったりっていう事例もあるんで注意が必要です。

犬を助手席に乗せるのは道路交通法違反なの?

さて、ご指摘いただいている我が家のように犬が助手席に乗っているケースって道路交通法違反なのでしょうか。

結論からお話しすると「助手席への犬の乗せ方によっては違反になる」ということになります。

また煮え切らない話を・・

あずき

違反になるかどうかって、基準となる法律に反した行動をしているかどうかなんですよね。

「助手席に犬を乗せたらダメ」っていう法律はないんで、助手席に乗せるだけで即違反にはなりません。ていうか、犬のことなんて多分道路交通法はじめとした行政法だったりに書いてはいないんじゃないでしょうか。

じゃあ何で「違反だ」って指摘受けたりするんですか?

 

運転の邪魔になり得る乗せ方をしていたら違反

道路交通法には乗車積載について書かれた55条っていのうがあって、それに違反してるんじゃない?っていうことを言われているのかなと思います。

どんな内容なの?

あずき

車の運転手は、運転手の視野もしくはハンドルその他の装置の操作を妨げるような積載をして車を運転してはいけないと定められています

っていう内容です。

簡単に言うと「物を載せて運転する時は、何かあった時にちゃんとブレーキ踏んだり、ハンドル操作ができる状態じゃなきゃダメですよ」っていう感じでしょうか。

あ、あたり前ですよね・・

ただ、犬が助手席にのっていたら当たり前ができない可能性、ありますよね。

突然犬が暴れてきて(じゃれてきて)、運転手の視界を遮ったり、場合によってはハンドル操作がままならない状態になったり。

そんな状態になり得る乗せ方をしていたら条文に反していますので違反になってしまいます。

我が家は大丈夫だね

あずき

なんか箱に入れられていて、運転席に行けないですもんね。

そう、我が家はドライブボックスを利用していて、あずきや花が運転の邪魔をしたりはできない状態にしていますので、道路交通法の55条に違反していることはないと思います。

犬が窓から顔を出していたら違反

道路交通法55条以外にも気をつけたい条文があります。安全運転を義務づける道路交通法70条です。

車両等の運転手は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない

さっきの55条に似ているね

あずき

だいたい同じなんですが一つ追加されている要素があります。

他人に危害を及ぼさないっていうとこですね

そう、ここもポイントです。

SNSとかYahoo!ニュースでコメントくれる方、この辺を指摘しているのかなあって思うこともあります。

でも車に乗りながら他人に危害を及ぼすって難しいよね

あずき

基本的にはあんまりないと思うんですが、唯一思い浮かぶのが「他の運転手の視界を遮る」っていうパターンでしょうか。

窓から顔を出した犬が邪魔になってっていうことはあるかもしれません。

この点も我が家ではドライブボックスでケアをしていますし、そもそも犬が顔を出せるほどに助手席の窓を開けることはないので大丈夫だと思ってます。

犬を車に乗せた飼い主の最近の逮捕事例

実際に誤った犬の乗せ方で逮捕にまでいたった事例もあります。

運転席側の窓から犬が顔を出して逮捕(逃げようとしたため)

まずは2020年5月2日の札幌です。運転席側の窓から顔を出す犬を警察が発見、停車を求めたものの逃げようとしたため逮捕されたようです。

窓から顔を出しているのが運転席側なんで、他人の視界も遮るかもしれないし、運転の邪魔になってそんな状態が他人に危害を及ぼす可能性はありますよね。

トイプードルを膝の上に乗せて運転して逮捕(逃亡の恐れがあったため)

2012年の3月にはトイプードルを膝の上に乗せて運転していて飼い主が逮捕されたというニュースもあったようです。

膝の上に犬を乗せながらの運転はたしかに危ないですよね、小型犬とは言え、それなりに大きいし何より動きますからね。

でも、運転していると結構見かける光景ではあります。

いずれものケースも「運転手が逃げようとした(恐れがあった)」ため逮捕されたようですが、そもそもちゃんと乗せていれば逃げる必要もなかったと。

犬を助手席に乗せるならドライブボックスなどの拘束器具が必要

というわけで犬を車に乗せる時のポイントは「自由に動き回れる状態にしない」っていうことかなと思います。

我が家のようなドライブボックスだったり、シートベルトで固定する器具だったりを使うことでこれは防げるのではないでしょうか。

さいごに

犬を助手席に乗せる時は違反状態にならないよう一応気をつけてはいますが、安全面を考えると本当はは後部座席がの方が良いと思います。

エアバックが作動した時に困るんですよね。あれが犬にあたったらどうなるんでしょうか。結構ダメージあると思います。

我が家、後部座席は娘のSのチャイルドシートがあって、一応隣にはおかーぽん(妻)が乗ることにしてるんで、ドライブボックスを置く場所がないんですよね。それで助手席が定位置となっています。

ですから、万が一にもエアバックが作動しないよう、犬たちと車に乗る時は注意して運転するようにしています。

違反切符が切られないのはもちろん、飼い主、犬、他の車の安全を確保した運転を心掛けたいと思います。

なお、交通違反以外にも、犬とドライブする際に気をつけた良いことなどをまとめた記事もあります。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは、あずはなの飼い主@shibainu_hanazuでした。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑花の笑顔を一押ししてくださると嬉しいです。
いつもありがとうございます!

柴犬ランキング
↑お時間があればこちらも一押しお願いします。

イト運営者からのお願い
このサイトが気に入った、役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天でお買い物をする際はぜひ下記バナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。
もちろんその分、高くなるようなことはありません。
いただいたポイントは今後のサイト運営のための運営費、モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。