柴犬の体重って何キロくらい?成犬になってからびっくりしないために事前に知っておきたい話。

こんにちは。柴犬好きのあずはなの飼い主です。

あずきや花と散歩をしている時、柴犬と遭遇することがしばしばあります。

飼い主さんとの立ち話の際、よく話題になるのが体重の話。

「何キロあるんですか?」

「へー、意外とありますね」とか。

さらに「こんなに大きくなるなんて思っていなくて」というセリフが飼い主さんの口から出てくることがあります。

 

飼ってみて、成犬にならないと体重ってわからなかったりしますよね。

そこでこの記事では、「柴犬の体重って何キロくらい?成犬になってからびっくりしないために事前に知っておきたい話。」について書いてみたいと思います。

 

柴犬の平均体重は?

柴犬の平均体重は、オスで8㎏から11㎏、メスで6.8㎏~9㎏のようです(ウィキペディア)。

たしかに、オスのワンコの方が大きなイメージがありますね。

ただ、平均といいつつも、オスで3㎏、メスで2㎏程度の幅があります。

ちなみに我が家のあずきは、6.7㎏程度で花は11㎏弱。

あずきは平均よりもやや小さく、花は平均を大幅に上回る体重です。

 

花に関しては、3歳で我が家に来た頃は8.5㎏でしたから、生活環境によって平均を大きく上回ってしまったと言えるでしょう。

ご飯が美味しくて美味しくて



柴犬の体重は千差万別。骨格によっても違う。

2頭柴犬を飼っている我が家、2頭とも平均体重の中に収まっていません。

また、我が家の例を出すまでもなく、散歩中に飼い主さんから聞く体重も千差万別です。

むしろ平均の中に収まっているワンコが少ないように感じたりします。

 

Twitterでフォローさせていただいているワンコも、小さい子はあずきと同じで6キロ台、たまにもっと小柄なワンコもいますし、大きなワンコだと16キロだったり17キロだったり。

同じ柴犬でも6キロの子もいれば、17キロの子もいるんですから、簡単に「柴犬の体重は何キロ」なんて口にするのは難しいですよね

 

同じ犬種でこうも体重が違うものなんだというのが、柴犬を飼ってみて、他のワンコの体重を聞いてみてはじめてわかったことです。

同じ柴犬でも、骨格、身体の大きさ、生活環境によって、体重は全然変わってくるんですね。

個人的にはあずきのような小柄な柴犬も、花のように丸い柴犬も、散歩中に遭遇する大きな柴犬もそれぞれに可愛いなと思っています。

「大きくて困る」とか、「うちの子は小さくて」とか、少し困りながらもどこか誇らしげに話す飼い主さんの気持ちはよくわかります。

それぞれに可愛さがあるんですよね。個性と言うか。

柴犬の体重は環境によってはとても重要な話。

とはいえ、結果論として我が家の柴犬は大きめではなくて良かったと思うことはあります。

(花は、自分たちがやや大きめにしてしまいましたが・・・)

マンションでは重すぎると日々の散歩が大変

我が家特有の事情ですが、マンション住まいだからです。

最近では、ペット飼育可のマンションも増えてきましたが、いろいろと規約があったりします。

よくあるのが、「マンションの共用部分では、犬を床に降ろしてはいけない」というものです。

 

やっぱり床が汚れるからなんでしょうか。

理由はいまいち判然としませんが、決められているものは仕方がありません。

 

犬を床に降ろしてはいけないということは、マンションの共用部分では抱っこして移動をすることになります。

エレベーターの中、エレベーターを待っている間、ずっとワンコを抱っこする必要があります。

7キロに満たないあずきの抱っこは問題ありませんが、11キロに届こうとする花を抱っこしている時、中々エレベーターがこないとジリジリとしてきます。

 

マンション内での抱っこのことを考えると、大き目の柴犬は大変かもしれません。

(抱っこしているうちに慣れてくるんでしょうけど)

 

また、そもそも規約で大きさや体重の制限が定められていることがあります。

飼う前に一度規約は確認しておいた方が良いでしょう。

 

なお、飼っているワンコが大きくて、マンション内で抱えているのが大変という方は、犬用のカートを利用すると良いと思います。

我が家も最近使ってますが、圧倒的に楽だし、犬の負担も減るんじゃないかと思っています。

我が家で使っている犬用カートについては、以下記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【甘えん坊バギー!多頭用 4輪ペットカートレビュー】マンションで犬を飼うのに便利【低価格】

いざという時に困るかもしれない

これもマンション特有なのですが、災害時などでエレベーターが止まると、大きな柴犬を抱っこして階段を上り下りしなければならなくなります。

2018年の震災でこの体験をしましたが、中々ハードでした。

災害時くらいは床に降ろしてもよいような気もしたのですが・・。

 

高層階に住んでいたり、大きな柴犬を飼っていたと考えると、ゾッとしてしまいます。

 

実際、近所に住んでいる体重13キロの柴犬を飼っているご婦人は、11階に住んでいて大変な思いをしたと話していました。



事前に柴犬の体重を知る方法はあるのか?

住環境によっては、柴犬が大きく育ってしまうと困ることがあるのは事実。

では、飼う前にどのくらい大きくなるのかを確認する方法はあるのでしょうか。

 

絶対的な方法ではありませんが、目安となる方法はありそうです。

両親の体重を確認しておく

まず最初に確認しておきたいのが、両親の体重です。

両親の体重が、成犬になった際の目安にはなるでしょう。

両親が6キロ、7キロでいきなり子供が15キロになるなんてことは考えられないと思います。

両親ともに14キロ、15キロの場合は、やはり子供も大きくなる可能性があるでしょう。

 

両親の体重に関しては、ペットショップによってはしっかり産まれた場所などと一緒に記載されているケースが多いのではないでしょうか。

ブリーダーさんであれば、把握していると思いますので、マンション住まいの方などは、一応確認しておいた方が無難だと思います。

足の大きさを見る

ペットショップの店員さんに以前聞いたことがあるが、「足の大きな子犬は大きくなる」という話。

たしかに、ペットショップで見かける柴の子犬の中には、自分が覚えているあずきの子犬時代の足よりも、はるかに太く大きな足をした子がいます。

 

「足が大きな子は大きくなる」という根拠はわかりませんが、感覚としては正しい話のような気がします。



ダイエットにも限界がある

マンション住まいで、飼っている犬が重いのなら、ダイエットをさせればと良いという意見があるかもしれません。

ただ、残念ながら、犬のダイエットには限界があるので、あまり期待しない方が良いでしょう。

5キロとかダイエットするのは、多分無理です。

我が家の花は1キロ減らすのも苦労しています。

【柴犬】ダイエット相談にいってきた結果と感想【肥満】

柴犬ダイエット体験記。運動や長時間散歩は意味ある?おやつは与えても大丈夫?

ですから、できれば太らせない方が後々のワンコと飼い主のためになるでしょう。

 

また、そもそも身体が大きなワンコは太っているわけではなくて、適正体重でも重いですから、ダイエットとかの問題ではありません。



柴犬と体重のまとめ

柴犬の体重、自分が知る限りでは6キロ~17キロまでと大きな開きがあります。

住環境や、体力的な問題によって、あまりに大きくなると生活することが困難になる可能性もあるでしょう。

 

柴犬の平均体重みたいなものを鵜呑みにして、後で困ることがないようにしたいですね。

 

ちなみに、保護犬であれば基本的に成犬から飼うことができます。

大きさ、体重を飼う前に把握できますので、「大きくなってしまっては困る」という人は、犬を迎え入れるにあたって、保護犬の里親になるということも、選択肢としていれておくと良いかもしれません。

はじめて飼う犬が保護犬はあり?いきなり里親はハードルが高くない?という話

あずはなの飼い主@あずはなです。でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。