リードやハーネスを変えると犬は変わるという話

こんにちは、あずはなの飼い主です。

最近目からうろこなのが「リード変えたら花の動きが変わったなあ」ということです。

FLEXI(フレキシ)のリードを使うようになってから、軽やかにスイスイ歩いていて、目の輝きも違います。

リードで一つでこうも変わるんだなあとあらためて実感をしました。

今日はリードやハーネスを変えると犬の動きや犬との生活が変わるかもという話について書いてみたいと思います。

リードを変えて楽しそうに散歩をするようになった花

脱走経験のある花や自分の手汗などを考慮して、【ペット リード ハンズフリー 腰ベルト付きの感想レビュー】花の散歩用リードはこれです。という記事にも書いたとおり、肩掛けタイプのリードを1年以上使用してきました。

飼い主の安心感は抜群でしたし、あまり不満もなかったのですが、先日気まぐれにあずきの散歩で利用しているビュンビュン伸びるタイプのリードにしてみたところ・・・。

動きが全然変わったんですよね。

どうも道草が多くて、時間の割には中々進まない散歩だったのが、おしりフリフリでトコトコ小気味よく散歩ができるようになったのです。

 

リズムよく歩けているからか、なんとなく顔から笑みさえこぼれていたような気がします。

冬場にしか見せることのなかったダッシュも連発していました。

リード一つでこうも変わる物かという驚きと、今まで少し窮屈だったのかなという少しの後悔がありました。

【flexi フレキシ 伸縮リードのレビュー】あずき使用のビュンビュンリードという記事にも使用体験談を書いていますので、ぜひご覧ください。

リードをユリウスケーナイン (Julius-K9)に再度変更したら抜群に動きが良くなった花

さらに先日、ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードを購入して、花の散歩に使ってみたところ、更に動きが良くなりました。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードはさほど伸縮性がないため、リードを引いた際に飼い主の意思がダイレクトに伝わるような気がします。

飼い主の指示が明確にわかって、花も動きやすいのかもしれません。

 

また、ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリードは、触り心地が良いと個人的に感じています。

おかげで、普段使っていたリードよりも、楽しく散歩ができています。

リードを変えることによって、飼い主の気分も変わって、散歩の楽しさを再発見できています。

ユリウスケーナイン (Julius-K9)のリード2.2mを使った感想。持ちやすい?丈夫?


ハーネスをユリウスにして、散歩前の嫌々が減ったあずき

思い返すと、同じような話があずきにもあったなと。

あずきの場合はハーネスです。

あずきは散歩へ連れ出そうとすると、逃げる、そしてつかまると歯を剥き出しにして起こるという問題行動が多かった犬です。

ハーネスをつけて、片足づつ持ち上げてなんて悠長なことはやっていられませんでした。

 

これが、ハーネスをユリウスにしてから少し収まりました。

クビにひょいとかけてから、大人しくするようになったのです。

(残念ながらユリウスにして1年ほど、今はまた元のように逃げ回っています)

 

また、座り込んでまともに歩くことが減っていたあずき、ユリウスのハーネスをつけてからは比較的歩くことが多くなったような気がします。

もしかすると、歩きやすい季節になったからとかのたまたまかもしれませんが、ハーネスをユリウスに換えたから、歩きやすくなったという可能性もあります。

【参考】柴犬あずはなが使っているハーネス「ユリウス」はおすすめです

短いリードをつけていたから花は飼い主の側を歩くようになった?

花とビュンビュン伸びるFLEXI(フレキシ)のリードを使って散歩をしていて思ったのが、リードをロックしないで伸びる状態にしていても、意外と側を歩くなということです。

ショルダータイプの短めのリードで、いつも飼い主の側を歩いていたおかげなのでしょうか。

子犬の頃のしつけなどで、リードは短めのものを使った方が良いなんて話もありますしね。

 

子犬の頃、どんなリードやハーネスを使っているかで、犬のその後の行動も左右される可能性もあるかも。



用途によってハーネスやリードの使い分けはあり。

また、用途によってリードやハーネスを使い分けるというのも一つの手段かなと思います。

あずはな2頭引きで出かける際は、目が行き届かず脱走の可能性があるから、肩掛けタイプのリードを使用するですとか、外で走り回る予定はなく、ちょっと知人と会うだけと言う時は、ユリウスはやめてオシャレなハーネスにするとか。

リードやハーネスを使い分けをすることで、飼い主の気分転換や、注意喚起になるかもしれません。

リードやハーネスにはこだわっても良いかも

これまで、自分はリードやハーネスに対してのこだわりは殆ど持っていませんでした。

だけど最近リードやハーネスを変えて、花やあずきの動きが変わったことを考えると、もう少しこだわりを持っても良いのかなと思っています。

 

ハーネスやリード、その他諸々と犬の生活や、犬と暮らす飼い主の生活を快適にするアイテムってありそうです。

また、子犬の頃にしつけも考えてリードやハーネスを選んでいると、また違った飼い方ができた可能性もあります。

それに、あずきはどうも飽きっぽいところがありそうです。

リードやハーネスといったものを時々変更してあげた方が、刺激があって良いのかもしれません。

人間もずっと同じ靴を履いているよりも、たまに新しいのを買った方がテンションあがりますしね。

特にあず花は女の子ですし。

 

今までよりちょっとこだわって、リードやハーネスといったアイテムを選んで、少しでも快適な生活がお互いにできるようにしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。