お店の前に犬をつなぐのはNG!危険性や注意点

おはようございます。
あずはなの飼い主@shibainu_hanazuです。
このブログでは柴犬と暮らした体験談や、使ってみたペット用品の話、日々の散歩日記を書いています。

自分、前から犬をスーパーの前なんかにつないで待たせておくのは反対派でした。

どう考えても危険だと思うんですよね。理由としては、主に以下のような可能性があるからです。

  •  つないでいたリードが何かの拍子に外れてしまう
  •  悪意のある人にリードを外されてしまう
  •  誰かに連れ去られてしまう
  • 人に迷惑をかけてしまう

これがまだ、お店の中から様子を外の様子がわかるコンビニなんかだったら、100歩譲って良いのかなと思うんですが、スーパーとかだとちょっと・・。

というわけで、今朝は犬をお店の前につなぐ危険性について書いてみたいと思います。

目次

つないだリードが何かの拍子に外れてしまう

お店の前で繋がれている犬を見ていると、しっかり係留用のフックなんかを使っているならまだしも、リードの持ち手を支柱に引っ掛けているだけの人っているんですよね。しかもその支柱が短い。

他にも謎の布?タオルみたいなもので結んでいたりするだけのケースも。

つながれている犬がちょっと元気に動くと、平気で外れちゃいそうな気がします。

悪意のある人がリードを外してしまう

じゃあ、ちゃんとしたフックなんかを使っていれば、お店のまで繋いでも大丈夫かと言うと、そんなわけでもありません。

ちゃんとした係留用フックなんかを使っていても、人が外してしまうことがあるからです。

そんな人いる?って思うかもしれませんし、自分もそう思いたいところですが、世の中にはいろんな人がいるのも事実。毎日「なんでそんなことを?」っていう事件が起きてますよね。それに比べれば、犬のフックを外してしまうなんて簡単なこと。

悪意がある人もいれば、ただの悪戯だって人もいるでしょうが、とにかくいろんな人がいますので、ひょいっとフックを外して、犬を逃してしまう人がいても不思議ではありません。

誰かに連れ去られてしまう

今更ですが、お店で買うと、犬って結構高いんですよね。2021年時点では柴犬で20万円〜30万円。チワワとかだったら40万円とかします。

そして世の中には何らかの理由で「犬が欲しい」っていう人もそれなりにいます。

単純に買いたいけどお金がないというパターン。誰かに売るために欲しいというパターン。

いろんな理由があると思いますが、30万円とか40万円の値段がついているようなものを、お店の前に置いておくのは、それなりにリスクがあるなと。30万円入った鞄とか、コンビニの前に置かないですよね。

誰かに危害を加えてしまうことも

ここまでは、お店の前につないでいた犬が被害者になるケースについて書いてきましたが、加害者になることもありますよね。

近寄ってきた人や撫でようとした人を咬んでしまうこともあるかもしれません。また、単純に犬が嫌いで、飼い主の管理下にない犬がお店の前にいることを恐怖と感じる人もいるでしょう。

さいごに

なんで何度もこんな話をするかというと、昨日もTwitterで見かけたんです。

スーパーの前に小型犬を繋いでいたら、いなくなってしまったっていう話。

もちろん、買い物ついでに散歩ができたら、生活ゆとりができるのはわかります。

でも、ほんと今生の別れになる可能性がある行為だっていうのは、頭に入れておかないといけない話だなと。

つくづくと思うのです。

あずはなの飼い主@shibainu_hanazu でした。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
↑花の笑顔を一押ししてくださると嬉しいです。
いつもありがとうございます!

柴犬ランキング
↑お時間があればこちらも一押しお願いします。

イト運営者からのお願い
このサイトが気に入った、役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天でお買い物をする際はぜひ下記バナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

柴犬あずはなの飼い主です。
黒柴のあずき、胡麻柴の花と暮らしています。

犬と暮らしはじめてから経験したいろいろを、ブログだったりTwitterだったり、Instagramにアップしています。
運営者情報詳細はこちら

コメント

コメントする

目次