柴犬あずきが下痢に。早めに病院へ行って無事解決と思ったら10日後に再発した話

こんにちは。あずはなの飼い主です。

昨日の散歩日記にも記載しましたが、一昨日の夕方からあずきが下痢に見舞われていました。

昨日の午前中に病院へ連れて行き、無事症状もおさまったので、備忘録の意味をこめてブログを書こうと思います。

※病院へ行った10日後に再発しました。経過と原因について最後に追記しています。

柴犬あずき下痢の症状

まずは症状の整理をしたいと思います。

異変が起こったのは月曜日(祝日)の夕方です。

夜の散歩にしては早い16時半過ぎに、窓をカリカリしてトイレへ行きたいと騒ぐあずき。

土砂降りでしたが、仕方がなく散歩へ行きました。

https://twitter.com/shibainu_hanazu/status/1176041882452807680

散歩開始時はとくに異変がなく、少し歩いてウンチ(たしかオシッコと同時でした)。

いつもならそれで帰りたがるのですが、まだ歩きたいとアピール。

少しするとかがみはじめてうんち。

この時がまあまあな下痢でした。

 

食事をした後の20時頃、続いて就寝直後の22時半ころに散歩へ行きたいとアピール。

2回とも下痢。

更に深夜の2時半頃にも散歩へ行き、この時も下痢でした。

(深夜2時半の散歩では、2回うんちをしようとして、2回目はほぼ出ずに終了)

 

翌朝6時過ぎの散歩もやっぱり下痢ということで、病院へ行くという判断をしました。

病院で知った事実

深夜2時にトイレへむかう黒柴のあずき

3連休明けで慌ただしい中でしたが、仕事を抜け出して9時開院にあわせてあずきを病院へ連れて行きました。

娘のSも2歳が近づいてきて、歩きたがるため、あずきをカートに乗せて、おかーぽんが一人で連れて行くのは危ないかなと言う判断です。

こんな時、営業職で良かったなと思います。

 

病院で先生と話していて衝撃の事実を知りました。

あずきが下痢で病院へ行くのは3年連続だというのです。

昨年病院へ行ったのは覚えていたのですが、まさか一昨年も行っていたとは・・・。

 

恒例行事なのでしょうか・・・。

柴犬あずき下痢の診断結果

さて、あずきの診断結果ですが、過去2回と同様に原因は不明でした。

触診をした結果、お腹はたしかに緩くて、少し腹痛もあるかもしれないということです。

そして検便の結果は異常なし。

先生曰く「まあ、下痢ですね」と。

 

過去2回と同様に下痢止めの注射と薬を処方してもらって終了です。

 

昨年、初雪の頃、今年は急に冷え込んだタイミングでの下痢だったため、急に寒くなってきたことも影響があるかと思っていました。

ただ、先生にその話をしたところ、寒くなったから下痢っていうのはあんまりないような気がするとのことです。

(むしろ暑い場合の方が下痢は多いのではないかと)

 

なお、注射後、激しく泣いて病院に迷惑がかかる可能性があったので、抱っこしたまま診察室で会計をしてもらいました。

案の定、外に出て地面に降ろした瞬間に泣き叫びましたので、ナイス判断だったと思います。




下痢が続くようだったら病院へ行くのが無難

結局原因不明でモヤモヤしたところはありますが、夜の散歩から少し固めのうんちが出るようになって、その後トイレへ行きたいと騒ぐことはなかったので、下痢は収束したのでしょう。

一安心です。

 

病院代は6,300円でした。

原因不明ということもあり、金額を考えると様子見でも良かったのかもしれません。

食事を抜く、ビオフェルミンをあげてみるなどで治っていた可能性もあるでしょう。

 

とはいえ、深夜に散歩へ行ったり、仕事中に散歩へ帰ってくるのは、かなりハードルが高いのも事実。

前回は4日~5日ほど下痢が続いて、飼い主的には精神的にかなり参ってしまったのを覚えています。

 

ですから、今回早めに病院へ行ったのは、個人的には大正解だったと考えています。

 

また、もしかすると場合によっては他の病気が誘発する下痢だったという可能性もありますから、早めに診てもらうに越したことはないでしょう。




柴犬あずきの下痢についてのまとめ

あずきの下痢については、年に1回程度は発生するとわかりました。

今度からは、下痢が発生したタイミングで胃を休めるために、食事を抜いてみるなどしたいと思います。

 

収まらないようであれば、今回同様に早いタイミングで早期解決ということにします。

 

ブログを書いていたから、昨年の下痢のことがしっかり思い出されました。

ブログがなかったら、早く病院へ行くという決断ができなかったと思います。

自分はブログなどにしておかないと、しっかり記録を残しておくことができないのですが、ブログでも日記でもメモでもなんでもよいので、飼い犬の病気の話などは記録しておくと役立つなと感じました。

 

さて、今回の記事が、今後役に立つような事態が起きないことを祈って、終わりにしたいと思います。

10日後にまさかの再発

さて、最後まとめの言葉もむなしく、一度目の下痢から10日弱がたったタイミングで、再びあずきが下痢になりました。

夜の散歩で緩いウンチをして、その後朝にかけて3回トイレを連れ出す羽目に。

 

とりあえずはビオフェルミンを与えて、朝食を抜きました。

すると夜の散歩まではトイレに行かずに済みます。

 

こうなると季節要因ではなく、何か原因があるとしか思えません。

ドッグフードを変えたのが原因?

思い浮かぶのはドッグフードです。

あずきは同じドッグフードを食べ続けていると、飽きてしまって全く食べなくなります。

ですから、ちょくちょくドッグフードを変えています。

 

今回ドッグフードを変えたのが、最初の下痢になった直前なのです。

 

2度目の下痢の後は、一食抜いて、次は花のフードを与えてみました。

すると、下痢にはならず(食いつきは悪かったようですが)。

 

その後、元のフードに戻してみたのですが、これをガツガツ食べた後でも、下痢はしませんでした。

最早ドックフードを変えたことしか、下痢の原因は考えられません。

 

柴犬あずきの下痢についてのまとめ再び

今回、あずきが下痢になって行った対応は以下のとおりです。

  • 一食抜く。
  • すぐに病院へ連れて行く。
  • ビオフェルミンを与える。
  • ドッグフードを元に戻す。

結果、どれも正解でした。

Twitterで多くの人からアドバイスをもらったのが大きいですね。

 

とはいえ、やはり最初は病院へ行くのが一番だと思います。

一度目の下痢で、病院へ行った結果、便や身体に異常がないという診断を受けていたので、2度目は少し様子を見て対応をすることができました。

 

今回の下痢で、いろいろ調べる機会があったのですが、やはり中には重篤な病気の症状として、下痢が発症するというケースもあるようです。

飼い犬が下痢になってしまって、特に元気がないような場合は、一度病院へ連れていった方が良いでしょう。

 

その後、参考までに上記で我が家がとった行動を思い返してもらえると良いかなと思います。

 

今度こそ、追記など書く必要がなければよいなと思います。

以上、あずはなの飼い主@あずはなでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。