【donpac(ドンパック)レビュー】車内の犬のウンチの匂いを解決【ドライブのお供】

こんにちは柴犬あずはなの飼い主です。

突然ですが、皆さんは車でワンコと出かける際、ウンチはどうしていますか?

車内に放置しておくと、まあまあな臭いを発しますよね。自分は車で5分の農試公園からの帰り道でさえ、耐えることができませんでした。

10分もかからないんだから我慢しなよ

これが長時間ドライブをするとなると・・・。

うんち袋をリアワイパー(後ろのワイパー)なんかにぶら下げている人も見かけますが、ちょっと格好悪いですし、万が一うんち袋が飛んで行ってしまうと・・・。

車で犬と出かけるのは洋の東西を問わず楽しいもの、しかし車中にこもるウンチの匂いは犬との楽しい思い出を台無しにしてしまいます。

そんな車と犬のウンチ問題を解決してくれるのがdonpac(ドンパック)です。

donpac(ドンパック)の機能

donpac(ドンパック)はは犬のウンチを収納して、車外に貼ることができるアイテムです。

強力なマグネットがついていて、ピタッと車に吸着します。

donpac(ドンパック)を知るまでは、車であずはなと出かける際は、ウンチの匂いに悩まされていましたが、donpac(ドンパック)を知り、車外にウンチを追放することができようになって、悩みは解決されました。

donpac(ドンパック)は嫌なウンチの匂いを車外に追放してくれる便利アイテムです

donpac(ドンパック)の外観

donpac(ドンパック)はシンプルながら問題解決力が爆発的に高いその機能も素晴らしいのですが、同様に外観、見た目も優れものです。

シンプルに商品ロゴだけがデザインされていて、知らない人が見ると何をつけているのかがわかりません。

まさかあの中にウンチが入っているとは、自分も思ってもいませんでした。

 

これが、犬の「ウンチ入れ」なんてことが書いてあると、せっかくの車が台無しになってしまいます。

さらに、カラーバリエーションがも豊富です。

レギュラーサイズであれば10色のバリエーションがあるようです。

donpacのカラーバリエーション

©don-pac.com

ポイント
donpac(ドンパック)はシンプルなデザインでカラーバリエーションも豊富。どんな車にも合わせやすいデザインです。

donpac(ドンパック)はそう簡単に外れない

donpac(ドンパック)買った当初気になっていたのが、「本当に外れない?」という点です。

うんちを収納したdonpac(ドンパック)が、ドライブの最中に吹き飛んでしまい、それが路上に散乱する様を想像するとゾッとしてしまいます。

でも、donpac(ドンパック)を購入して丸1年以上経過していますが、当然一度も外れたことはありません。

マグネットで車体に張り付けるという、ごくごくシンプルな仕組みですが、簡単には外れないようです。

donpac(ドンパック)を買う際はサイズに注意

donpac(ドンパック)を購入するにあたって、ひとつ気を付けた方が良いかなと思うのがサイズです。

あずはな家は柴犬2頭飼い、当然ウンチの量も2頭分になります。

とくに花は謎に特大のうんちをしますので、3頭分に相当するという噂もあります。

なんてことを言うのですか!

そんなこともあり、我が家にはdonpac(ドンパック)のレギュラーサイズはちょっと小さかったようです。

あずきと花、両方を連れて出かける際はちょっとウンチを入れるのに難儀します。

ポイント
多頭飼い、大型犬を飼っている人はdonpac+を購入した方が良いかもしれません。

donpac(ドンパック)のレビューまとめ

donpac(ドンパック)はドライブ中の犬のウンチの匂い問題を解決してくれる便利アイテムです。

デザインもシンプルで、カラーバリエーションも豊富でどんな車にもあわせることができます。

サイズも2種類ありますので、ドライブの所要時間や愛犬のウンチサイズや頭数に合わせて選択すると良いでしょう。

donpac(ドンパック)購入してから、あずはなと車で出かけるのが一層楽しくなりました。

 

犬と車で出かける際には、今回紹介したドンパック以外にも、ドライブボックスなんかもあった方が、ドライブを楽しめると思います。

昔は自分も使ってなかったのですが、買ってみると良さがよくわかりました。

ドライブボックスについても記事を書いていますので、是非ご覧ください。

ドライブボックスが犬と車に乗る時におすすめの3つの理由

それでは、あずはなの飼い主でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。